感染症にも色々と種類があります。軽い感染症であれば直ぐに治りますが、重い感染症は治療期間が長く大変です。感染症に掛からないためにも日頃から注意して生活しましょう。こちらでは注意しなくてはならい感染症をご紹介していきます。

注意しなくてはいけない感染症って何?

淋菌感染症の場合は男性は尿道に異常が現れやすい

淋菌感染症は淋菌に感染している人と性行為を行う事によって感染する病気です。
性行為であれば、何も性器だけに限らずに口腔内に感染する事もありますが、菌はそれほど強いものではないために性行為以外で感染する可能性は極めて低いです。
性風俗でフェラチオによって淋菌感染症に感染する例が多いと言われていて、一回の性行為で感染する確率は30%程度であると言われています。
また、一度感染しても免疫が得られるという事は無く、一度淋菌感染症になった人でも再び感染する可能性もあります。
自覚症状については、全く症状が現れない人もいれば、2日から10日ほどで症状が現れる人、症状が現れるまでに1ヶ月以上かかる人もいます。
ただ、男性の場合には何かしらの症状が現れる場合が多いです。
男性の症状としては、尿道に感染して尿道炎となり、勃起時や排尿時に痛みを感じたり、尿道から白や黄色みがかった膿が出てきたりします。
その他にも睾丸が腫れて痛んだり、発熱する事がある場合もあります。
女性の場合は下腹部の痛みや織物の量が増えるなどの症状が現れる事もありますが、自覚症状が男性と比べて現れにくくなっています。
性別に関係なく治療せずに放っておくと、不妊症などの深刻な事態になる事もあるので違和感を感じた場合には速やかに検査を行う事が大切です。
また、妊婦の場合は出産時に赤ん坊が産道を通る時に感染してしまう事もあり、場合によっては命にかかわる事態になる事も考えられます。
治療は抗生剤の投与になりますが、淋菌は薬剤耐性を非常に作りやすく多剤耐性菌も登場していて、治療が難しくなってきています。
治療を行う際には自分で勝手に治ったと判断せずに、医師の指示をきちんと聞く事が大切です。